沿革

1999年(平成11年)

三田スケート倶楽部会長(当時)中野森厳氏によりスケート部の後輩に現在のLEAPの原型である IST(Internship Training)が開始される。

2002年(平成14年)

阪口体育会副理事の御紹介により体育会学生向けに第一回IST開催。

2003年(平成15年)

名称をLEAP(Leadership Education Athlete Program)に変更。

初のLEAP学生講師が育成され、体育会本部との連携により、現在のLEAP運営体制が構築される。(研修Programは2系統あり、一つは高学年対象の社会組織活動編、もう一つは、将来幹部候補対象の部活動編で、教室は16名/1回で年間を通じて約20回の開催である)。

三田体育会の支援を得てLEAP-V(体育会出身の上場企業代表取締役訪問)開始される。

2004年(平成16年)

LEAP関係者内の総会である第1回 Refresher 開催(以後毎年1月開催)。

2006年(平成18年)

LEAPを常に正しい方向に導くための包括的運営を狙う仮想企業(Cluster Company)を立ち上げ、第一期生をCO-CEOとする(LEAPの全OB/OG&現役学生をstaffとする)創造的組織運営が開始される。

第1回LEAP-G開催 (演者:株式会社ローソン取締役社長 新浪剛司氏)

2007年(平成19年)

第2回LEAP-G開催 (演者:ゴールドマンサックス証券代表取締役社長 持田昌典氏)

2008年(平成20年)

LEAP-S始動(40部競争戦略=KING-Project 開始、主将合宿開始)

第3回LEAP-G開催 (演者:澁澤倉庫株式会社 代表取締役社長 犬塚静衛氏)

2009年(平成21年)

中野氏がLEAP のSkillと歴史を纏めた著書「グレートリーダーたれ!Be a Great Leader」出版

第4回LEAP-G開催 (演者:株式会社リヴァンプ 代表パートナー 玉塚元一氏)

2010年(平成22年)

第5回LEAP-G開催 (演者:株式会社東芝 顧問 西岡浩史氏)

2011年(平成23年)

第6回LEAP-G開催 (演者:三井倉庫株式会社 代表取締役 田村和男氏)

2012年(平成24年)

第7回LEAP-G開催 (演者:株式会社ライフコーポレーション 代表取締役 岩崎高治氏)

2013年(平成25年)

第8回LEAP-G開催 (演者:株式会社ローソン 代表取締役副社長 玉塚元一氏)

2014年(平成26年)

第9回LEAP-G開催 (演者:日揮株式会社 代表取締役社長 川名浩一氏)

2015年(平成27年)

第10回LEAP-G開催 (演者:東京海上ホールディングス株式会社 取締役社長・東京海上日動火災保険株式会社 取締役社長 永野毅氏)

2016年(平成28年)

第11回LEAP-G開催 (演者:株式会社東 元東芝ブレイブルーパス主将・元ラグビー日本代表主将 廣瀬俊朗氏)

2017年(平成29年)

「グレートリーダーたれ!Be a Great Leader」第2版を出版